117 人は過去に拘る。

文字が残っていないからといってそこに新しい歴史を作っていいということにはなりません。それは全国の神社を歩いていますと文字を持たなかった神社の稗史に、維新後新しい文字を加えていき「歴史」にしようとした日本も似たようなものですが、今日の時代においても韓国はそのことを続けていると感じます。それに常に上から目線のような物言いは、わかっていてもどこから芽生えてくるのかという感情も走ります。いずれにせよ彼らは歴史認識をしろと声高に言いますが、過去に拘りすぎる民族だという気もします。彼らは中曽根内閣の時代から政治家の「靖国」参拝を毎年のように問題にしていますが、それとともに中国も反対を唱えるようになりました。日本の政治家が神社のことにもう少し知識があったらこんなことにはならないのに、彼らの勉強不足が禍となっているところもあります。やはり歴史の付け合わせや教育がなによりも重要だということになってきます。今日でも世界中で偏向教育が行われていますが、権力者は常に自分たちを正当化する歴史作りをするということでしょう。多少でも公明・公正・公平に物事を見ようとする意識があればまた違った歴史が現れてきます。わたしは教育が大切だと考える時にいつも萩の松下村塾のことを思い浮かべます。若い吉田松陰が指導した私塾のことですが、そこから多くの維新の立役者が輩出しています。そのことは大変なことでもありますが、わたしが驚くのはその塾で若者が習ったのはたった二年前後の月日だったということです。逆に人に強く影響を与える教育の怖さを感じます。塾では学問以外にも兵学や軍事知識及び教練など実学的なものも教えていますが、三十歳にも満たない吉田松陰の思想がそれらのことを凌駕しているという驚きです。

116「血」より「家」が大切。

今でも何百年も続いている家系だと自慢する人がいますが、近年までの家制度のことを思い起こせば「血」が延々と受け継がれているということはないはずです。どんな家でも子どもに恵まれず「血」は途絶えます。それに五百年前に一人の人物がいて、その子孫が続いていたとしますとピラミッド式に何千・何万という人間が生まれています。天皇家ですら正妻の子が継承して行ったというのは数例しかありません。血統とは流れている「血」のことではなく家制度で受け継がれて行ったことは当たり前で、それゆえに養子をもらい「家」の存続を守ったのです。それでもわたしたちには貴種願望がありそのこと事態が差別意識につながるということを自覚しません。人間とはそういった生き物だと思うしかありませんが、その感情がまた国家や社会を作り、民族間の差別、出自や身分の差別を生んでいるということになってきます。近年、韓国では日本が行ったことや、やろうとすることに一つ一つ小言を言います。このオリンピック開催中においても食料が原発で汚染されている、開催反対、四百年前の壬辰倭乱の垂れ幕、あるいは軍艦島のことなど、すべてのことに難癖のように反応します。他の国も食料が汚染していて食べたくないと自国の物を持参して調理しているところもあるのでしょうが、彼らのみ常に声を上げて小言を言います。こちらから見ればそんなことをしてなにかいい結果を生むかという気持ちになりますし、ボイコットするならすればいいではないかと思ったりもしますが結果的にはそうはしません。日本人でやっかいな国だと思わない人はいないほどつきあうには難しい国家ですが、それも「恨」という感情から生まれたとしても度がすぎていると考えます。過去に遡っていける文字を宗主国の中国におもねて自ら消し、自分たちの「歴史」を捨てた経緯があるのにです。国家として歴史の乏しいコンプレックスが、反動となって逆に日本を殊更に攻撃しているようにも見えてきます。決してこのことは愚弄していることではありませんが、日本の「歴史認識」を問うなら、隣国として古いつきあいのある自国の「歴史認識」も掘り下げてもらいたいという思いが生まれてきます。

115 家系図作りに励んだ大名たち。

その清国はヨーロッパの草刈り場になり、日本の侵略を許しロシアの南下政策さえ止められないほど弱体化していました。そうなれば中国も朝鮮も日本も危うい状態になり、それこそ植民地は加速したでしよう。当時、頻繁に使われていた「五族共和」や「八紘一宇」という言葉は、強い思いがあったのですが、日本が欧米と同じように五族の盟主になろうとしたところに悲劇があります。アジアではヨーロッパ諸国から解放してくれたと感謝する国もありますが、中国や韓国が未だに必要以上に許さないのは「五族共和」と言いながらも、強引に植民地化を進めたことと、自分たちが島国の日本よりも歴史も文化も優れているという思いがあったからでしよう。それを踏みにじられたこともあるはずです。自分たちのほうが優秀だったという自尊心がある人々が逆に支配されると、その恨みはなかなかに消えるものではありません。わたしのほうが名家だったのにあるいは立場が上だったのにという意識が邪魔をするのです。それは人間でも国家でもありそうですが、その歴史を韓国は認識していないのかもしれません。いつまで経っても自分たちの民族のほうが優秀だったという「歴史認識」が消えないようです。また教えないのです。それは日本を初めどこの国にもあることですが、韓国はとくに日本には強い気がします。彼らが未だに日本や中国に素直な感情を持ちにくいのは彼らの歴史的な不幸が根底にあります。大国に挟まれ悩まされ続けてきたというジレンマも感じます。「恨」は二つの国に向けられて続けているということになります。そのことを克服するには一度自らが優位に立ち感情を宥めないかぎり無理だと考えます。しかし今度は優位に立つと民族の優位性を正当化し作り上げ、民族主義に進んでいくということにもなります。ちょうど今中国が再び世界の中心にという思惑で動いていることと似てくるはずです。それは維新後、薩長天皇の優位性をあらゆる手段と方法で構築していった図式と似ています。人間は自分の欠損したものを埋めていこうとする作用があります。お金に苦しんだ過去があればそれを満たそうと頑張りますし、維新後に名を成しても華族制度を作り自分たちの身分を高めようとします。ながい間農民や足軽だった者や身分制度の中で差別を受け続けていたコンプレックスを解消しようと試みるのです。それはどんな時代でもありましたし、戦国大名家系図作りなどもその一例でしょう。

 

114 「稗史」を「正史」に変える国々。

 

それはしっかりと歴史を教えることだと考えます。お互いに本当の歴史を隠し神話や伝説の稗史を正史にしてしまう傾向があります。いたかいなかったもわからない人物を作り上げ、あたかもその人物が活躍したような事柄を書き残します。そしてそこから歴史が始まるような教え方をする。なによりも教育が大切だとわかっているのに、その教育の場で間違ったことを教えていく。戦前の日本もそうですし韓国もそういうところがあります。戦前の「君が代丸」のことも誰も知らなくなりましたし近年では日本の借款で韓国がどれほどの大国になったかも教えることが少なくなりました。そういう意味ではそれを推進した朴大統領は、もっと尊敬されてもいいと考えますがそうはなっていません。彼の銅像より「平和の少女像」のほうが多いのですから、やはり個人が優先する「恨」の国ということなのかもしれません。現在「従軍慰安婦」像は韓国に八二、海外には十六像あるとされ、それに似たものを加算すると韓国に一四四、海外に三二像あるとされています。個人的にはこのことが韓国・日本の平和につながる「平和の少女像」なのかと思ってしまいますが、そうすることによってどんな思惑があるのかと思案してしまいます。一時、国会議員になった女性が慰安婦基金補助金を横領して豊かな生活をしているという報道を頻繁に読みましたが、今日の日本にはあれだけ大がかりの人の哀しみの上前を撥ねて、国会議員までのし上がっていく人間はいると思えませんし、すぐに辞任や失職に追い込まれるものですが、韓国ではその後どうなっているのかという思いにもなります。いずれにせよ日韓平和条約を結んだあとの韓国は驚くほどの経済発展をしましたが、それまでの韓国は中国の属国で政治的主権もなくアジアの最貧国だったことは多くの人々は知っていますし、戦前の併合時には大変なインフラ整備や彼らの教育に心血を注いでいることはわかっています。それは植民地政策だからだという人々もいるでしょうし、日本人が中国に代わって属国扱いにしたのも事実ですが、当時の時代性を思い起こせば他にどんな手立てがあったのかという思い生まれてきます。なにもわたしは日本を庇う気持ちはありませんが、当時の朝鮮はどういう生き方をしようとしたのか、どういう国家造りをしようとしたのかという意識は、施政者たちにまったく欠けていたことは書物にはいくらでも書かれています。宗主国の清国に頼っていた人たちが多くいたのも事実です。

 

利権漁りから見る政治。

なんだか日本が利用されているだけのオリンピックのような気がする。不甲斐なく見える。なんのためのオリンピック?説明もないし。人出しの会社と関係者だけ儲けているし。こちらのほうが利権漁りの政策かもしれない。

相撲は国技?

相撲が国技や神事の側面があると喧伝されているが、わたしはそうは思わないがもしそうだとすれば横綱の相撲は汚さ過ぎ。礼節というものがない。昔は東京場所には毎場所のように通っていたが、近年はまったく行かなくなった。相撲協会は潤沢な資金があり傲慢になっているのではないか。NHKは年間六場所の放映権を30億円前後払っていると聞くが、一度放映をやめたらどうか。これだけ不祥事を起こして続けているのだから、相撲だけ肩入れせずほかのスポーツにも配慮したほうがいい。お金があるから年寄株も上がる。協会に残れば食べていけるから高いお金で売り買いになる。NHKが支えなければプロレス団体のように自分たちで頑張るしかないはず。NHKをはじめわたしたちは放送料金の原資は税金だと忘れているのではないか。

113 二重の朝貢国。

少し公平に歴史を探っていけば彼らが日本に問う歴史認識はまったく違うとわかるのに、今日でも自らが歴史と思い込んでいる事柄を疑おうとはしないのです。都合のいいところだけを自分たちの歴史にしているように見えます。韓国の知識者の一人で韓国哲学学会会長を歴任した申一轍氏は自国の一九九六年度版の高校生用の『国史(上)』で「倭乱でわれわれが勝利を収めることができたのは、わが民族の持つ潜在力がすぐれていたためである。すなわち、官軍レベルの国防能力では、わが方が日本に遅れをとっていたが、全国民的レベルでは、日本を凌駕した」と書いています。まったくそうではないはずです。朝鮮通信使と同じように江戸幕府に対して朝貢国だったのに、歴史は捏造となり反転して逆になっているのです。壬辰倭乱は明の援軍で戦ったのが歴史なのに、自分たちだけで戦い勝利したと言うのです。どこにそんな歴史があるのでしょうか。韓国でも有数の知識人でもこういうことを言うのです。宣教師のルイス・フロイスは『日本史』で、秀吉軍が撤退したのは食料を絶たれたことと、加藤清正らが文化遺産を破壊したから明が本気になって怒ったのだとあります。また朝鮮に対しては「数世紀に及び中国の属国であり、他の諸国とはなんら関係をしていなかったので、主教、文明、思想および風俗の上で中国が朝鮮に及ぼした影響はとても大きかった」書いています。繰り返しますがずっと属国だったのです。そして初めのほうでも述べましたが、イギリスのイザベラ・バードも朝鮮の政治がまともに行われていないことを書き綴っています。その国が日本に文化的影響を与え続けたというのです。日本は遣隋使も遣唐使もみな当時の先進国である中国に向かって行っています。反感を買うかもしれませんが中国の属国であり続けた朝鮮には、極端に言ってしまえば歴史がない国ということになってきます。韓国は今日その歴史を作っているというふうにも見えてきます。わたしは両国間の歴史を思う時やはり教育の恐ろしさを感じます。明治以降の日本も神道国家造りのために歴史を変えて危ういものがありますが、韓国にもその危うさを覚えます。他国のことなのでよけいなことだと言われればそれまでのことですが、地球上で一番距離が近い国が日本と韓国なのですがその両国がまた一番遠い存在です。