155 常に「格付け」する国。

その上、わたしたちが今「歴史」や歴史上の人物としている人たちも資料に基づいているものとは思いません。源頼朝武田信玄など肖像画ですら違うと言われていますし、聖徳太子に至っては実在したかどうかという話まであります。後世の物語や二次資料を歴史上の人物として疑いを持たない傾向にあります。秀吉が中国人だったという書物もあると先に書きましたが、孝明天皇西郷隆盛など明治の人物ですらその肖像画はあやふやなものがあるのですから、「歴史」は小説家が書く創作のようなものだという思いも走ります。神話も民話も稗史偽史もみな都合のいいようものを「歴史」にしているという印象を持ちます。それは権威付けのために時の権力者が誰でもやることですからしかたがありませんが、それをただ鵜呑みにするというのも歴史観を変えるということになります。わたしがこう言うのも全ては歴史から学ぶからです。それに日本は中世以降家系図作りが盛んで何事でも血筋を重要だという風潮があります。「貴種」になりたがろうとするのです。そのことは今でもそうですから天皇家の存在が崇められるのでしょう。常に「格付け」をして物事や人間を見ているのがこの国のような気もします。今日皇室の結婚問題もそのことが底流で影響しているかもしれませんが、信長でも秀吉でもあるいは光秀でも家康でも、彼らが自ら作った系図からわたしたちは人物を見ています。戦後、「民主主義国家」になった令和のこの時代でも、国家の権威作りのために天皇費・皇族費皇室費宮内庁費などと多額の税金が投与されています。政治家への政党助成金から見ればはるかに生きたお金だとも考えますがそうは思わない人々も多くいます。今回の皇室の結婚のための「人間宣言」を思えば国民の敬う感情は鈍化していくでしょう。すでに若者は関心が薄いようですしその実情を公にしなければ一層崇敬を失うということにもなるはずです。